矯正治療のメリットとリスク|守谷駅徒歩3分|川村矯正歯科

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30

矯正専門医による顎関節と咬みあわせに注視した精密矯正

矯正治療のメリットとリスクについて

下記のリスクはすべての患者様に現れるわけではありませんが、少ないながらも生じる場合があります。そのため、治療を受けていただく前にメリットだけではなく、リスクもあることを説明し、承諾していただいた上で治療を進めてまいります。

メリット

リスク

歯周病

歯周病が進行している場合、矯正治療によりさらに歯の周囲の骨が減少する恐れがあるので治療をお勧めできない場合もあります。

むし歯

歯の清掃状態が悪いと装置の周辺にむし歯が発生することがあります。

歯肉の退縮

歯を動かすことにより、歯肉が下がることがあります。そのため、歯と歯の間の根元にすき間が開くこともあります。原因としては、矯正治療前に歯肉炎を起こして腫れていた歯肉が引き締またから、歯の周りの骨が少なくなったからなどがあります。

歯根吸収

歯を動かすことにより、歯根(歯の根っこ)が吸収して短くなることがあります。それにより、歯周病が進行した場合に歯の揺れが強くなる可能性があります。治療の際、出来るだけ弱い力で動かすように対処していますが、まだ、なぜ吸収するのか原因が解明されていません。

歯の痛み

矯正装置により、歯が動いて痛みが生じます。痛みの程度は、個人差もありますが、強い場合にはおかゆやうどんなどの軟かい食事をとっていただき、必要であれば痛み止めを飲んでいただきます。

顎関節症

口が開きづらくなり、アゴに痛みが出る場合があります。必要があれば顎関節症のための装置を使用していただくこともあります。

骨格的な問題

成長期にアゴが小さい、大きい、曲がっているなどの骨格的な問題がある場合、成長とともに、より骨格的問題が大きくなることもあります。顎の成長を予測するのは困難な場合もあり、大きな骨格的な問題が生じたとき、ご相談の上、矯正治療とともに外科的にアゴの骨の移動を行う場合もあります。

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30