デコボコ(叢生)|守谷駅徒歩3分|川村矯正歯科

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30

矯正専門医による顎関節と咬みあわせに注視した精密矯正

デコボコ(叢生)の歯並びを矯正

デコボコ(叢生)叢生(そうせい)とは、歯並びがひどく不揃いで、雑然とした状態の歯並びのことをさします。八重歯をはじめ、歯が前後に不揃いな状態の歯並びです。

下記の治療例をご覧ください。

永久歯列期 症例1

sousei001小学6年生の女児です。上と下の歯がガタガタしていることを気にされていました。糸切歯が八重歯になっています。見た目だけでなく、物が噛み切りづらいです。歯ブラシもうまく出来ないので、歯肉炎になって歯肉が腫れています。治療後はきれいな歯並び、良く咬めるかみ合わせになっています。歯肉の腫れも収まっています。笑ったときの口元もすっきりしました。

永久歯列期 症例2

sousei002中学生の女子です。上の糸切歯が上から出てきて、重なって生えてきました。上の糸切歯の後ろの歯(小臼歯)を抜いて、並べています。装置を付けていた期間は3年です。ご本人は八重歯を見苦しいと思われていました。歯並びがきれいになり、気にならなくなったそうです。咬み合わせも良くなり、しっかりと咬めるようになりました。

永久歯列期 症例3

sousei003高校生の女子です。上の2番目の前歯が内側に生えてきて、糸切歯と重なっています。歯のデコボコがきついので、上と下の中間の歯(小臼歯)を抜いて整えました。装置を付けていた期間は2年8か月です。歯並びもきれいになって、咬み合わせも良くなり、お肉などの食べ物も噛み切りやすくなっています。笑顔もきれいになりました。

永久歯列期 症例4

sousei004中学生の男子です。上と下の前歯がデコボコしています。デコボコの程度は軽度で、口元も悪くなかったので永久歯を抜かずに治療しています。装置を付けていた期間は1年6か月です。上下の糸切歯もが当たるようになり、噛み切りやすくなっています。

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30