もぐっている歯(埋伏歯)|守谷駅徒歩3分|川村矯正歯科

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30

矯正専門医による顎関節と咬みあわせに注視した精密矯正

もぐっている歯 (埋伏歯)の歯並びを矯正

もぐっている歯 (埋伏歯)埋伏歯(まいふくし)とは、生えるべき歯が骨の中にうまってしまっている状態の歯並びのことをさします。

下記の治療例をご覧ください。

永久歯列期 もぐっている歯 症例1

maihukushi001中学生の男子です。左上の犬歯が骨の中にもぐっています。向きも斜めになっていて出て来れません。上の前歯もガタガタしています。上下の前歯が出ているので唇が閉じずらくなっています。中間の永久歯(小臼歯)を抜歯して、犬歯に装置を付けて引っ張って行きます。ガタガタも解消してから前歯を内側に引っ込めて行きます。最後に隙間をすべて閉じます。歯を動かした期間は2年でした。もぐっていた犬歯は上の歯並びの中に収めます。口元の緊張が取れ、唇も閉じやすくなっています。上下のかみ合わせもしっかりと咬めるようになっています。

永久歯列期 もぐっている歯 症例2

maihukushi002中学生の女子です。右上の犬歯が骨の中にもぐっていて生えて来れません。上の前歯が出ているので唇も閉じずらくなっています。右上に残っている乳犬歯と上下左右の中間の永久歯(小臼歯)を抜歯して、犬歯に装置を付けて引っ張り出します。さらに前歯を内側に引っ込めて行きます。最後に隙間をすべて閉じます。歯を動かした期間は2年11か月でした。もぐっていた犬歯は上の歯並びの中に収まっています。唇も閉じやすくなっています。

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30