うけ口(反対咬合)|守谷駅徒歩3分|川村矯正歯科

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30

矯正専門医による顎関節と咬みあわせに注視した精密矯正

うけ口(反対咬合)の歯並びを矯正

受け口(反対咬合)反対咬合(はんたいこうごう)とは、上顎の前歯が下の前歯より内側に入り込んだ歯並びのことをさします。下顎がでている状態の歯並びです。

下記の治療例をご覧ください。

永久歯列期 受け口 症例1

ukekuchi001中学生の女子です。上の前歯が逆に咬んでいます。一般的に受け口と言われるかみ合わせです。上の前歯は重なっていて見た目も悪く、歯ブラシもうまく出来ません。上と下の中間の歯(小臼歯)を抜いて、スペースを作った上で歯のデコボコを解きました。歯を動かした期間は2年9か月でした。上下の前歯が正しい咬み合わせになり、固いお肉なども楽に咬めるようになりました。

永久歯列期 受け口 症例2

ukekuchi002高校生の女子です。上の前歯が逆に咬んでいて、上と下の前歯がデコボコしています。歯ブラシもやりづらくなっています。上と下の中間の歯(小臼歯)を抜いています。下の歯は金属の詰め物や被せ物があったので、本来であればその歯より一つ前の歯を抜くと効率が良かったのですが、少し時間も多くかかりますが、治療していない歯を残すことにしました。歯を抜いたスペースに徐々に動かして行きます。歯を動かした期間は2年11か月でした。デコボコも解消し、良く咬めるようになりました。歯ブラシもやり易くなるので、将来の歯周病の予防にもなります。

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30