すきっ歯(空隙歯列)|守谷駅徒歩3分|川村矯正歯科

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30

矯正専門医による顎関節と咬みあわせに注視した精密矯正

すきっ歯(空隙歯列)の歯並びを矯正

すきっ歯(空隙歯列)空隙歯列(くうげきしれつ)とは、歯と歯との間に隙間ができている状態の歯並びのことをさします。いわゆるすきっ歯の状態です。

下記の治療例をご覧ください。

永久歯列期 すきっ歯 症例1

kuugekishiretsu001成人の男性です。上下の前歯に隙間があります。上と下の前歯は咬んでいません。飲み込むとき、舌が前歯の裏側を押し出す癖があります。舌を前に押さないようにするトレーニング(口腔筋機能療法:MFT)を行いながら、矯正装置を使って隙間を徐々に閉じて行きます。歯を動かした期間は2年5か月でした。上下の前歯の隙間は閉じて、上下の前歯も咬めるようになりました。

永久歯列期 すきっ歯 症例2

kuugekishiretsu002中学生の男子です。上下の前歯の歯と歯の間に隙間があるので、お肉がその間に挟まりやすいそうです。前歯を人に見せるのが嫌だったそうです。上下の真ん中の線もズレていました。装置を付けて真ん中の線を合わせながら隙間を閉じて行きました。歯を動かした期間は1年5か月でした。真ん中の線も合って、隙間も閉じて、上下の咬み合わせも安定しています。食べ物も挟まることを気にしなくて良くなったそうです。

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30