上下の歯が出る(上下顎前突)|守谷駅徒歩3分|川村矯正歯科

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30

矯正専門医による顎関節と咬みあわせに注視した精密矯正

上と下の前歯が出る(上下顎前突)歯並びを矯正

上下の歯が出る(上下顎前突)上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)とは、上と下の前歯が前に突き出している状態の歯並びのことをさします。出っ歯は上の歯だけが出ていますが、それに加え、下の歯も出ている歯並びです。

下記の治療例をご覧ください。

永久歯列期 上と下の歯の突出 症例1

jougegakuzentotsu001成人の女性です。上の前歯がデコボコしています。上と下の前歯が前に出ているため唇が閉じづらくなっています。上下左右の中間の歯(小臼歯)を抜き、スペースを作った上でデコボコを解消し、残ったスペースを使って前歯を内側に引っ込めて行きます。歯を動かした期間は2年2か月でした。口元が出ていたのが解消され、唇が閉じやすくなりました。患者様は咬み合せが良くなったことを実感されています。

永久歯列期 上と下の歯の突出 永久歯の先天欠如
症例2

jougegakuzentotsu002中学生の女子です。元々、永久歯が存在しないため、乳臼歯が3本まだ残っています。乳歯の根が溶けて短くなり、保存して行くのが難しい状態でした。上と下の前歯が前に出ているため、唇を閉じると口元の筋肉が緊張してしまいます。上下の前歯はかみ合っていません。3本の乳歯と1本の永久歯(小臼歯)を抜歯してスペースを作り、上下の前歯を内側に引っ込めました。抜いた歯のスペースをすべて閉じて仕上げます。歯を動かした期間は2年10か月でした。口元の緊張が取れ、唇も閉じやすくなっています。上下の前歯が接触でき咬み易くなっています。

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30