発表論文|守谷駅徒歩3分|川村矯正歯科

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30

矯正専門医による顎関節と咬みあわせに注視した精密矯正

これまでに発表した論文

・Fiji, Western SamoaおよびKiribatiにおける歯の萌出時期について(金澤英作、松野昌展、永井明子、葛西一貴、高橋正光、川村 全、網干博文)日大口腔科学22巻3号291-295, 1996.

・Fiji, Western SamoaおよびKiribatiにおけるDMFT指数について(松野昌展、金澤英作、永井明子、葛西一貴、高橋正光、川村 全、網干博文)日大口腔科学22巻3号296-301, 1996.

・Morphological variation of the frontal sinus in Melanesian (Fiji) and Polynesian (Western Samoa) populations (Akira Kawamura, Kazutaka Kasai, Hirofumi Aboshi, Masanobu Matsuno, Eisaku Kanazawa)Journal of Oral Science Vol.40 No.1 25-30, 1998.

・アジア太平洋集団の下顎小臼歯咬頭数の変異(永井明子、松野昌展、葛西一貴、網干博文、川村 全、佐竹 隆、金澤英作)歯科基礎医学会40巻4号232-240, 1998.

・コンピュータ断層写真による下顎歯の植立状態と下顎骨形態との関連性について(川村 全、金澤英作、葛西一貴)日本矯正歯科学会57巻5号299-306, 1998.

・下顎頭長および下顎頭軸水平傾斜角に影響を及ぼす歯列弓ならびに顎・顔面形態要素について(斉藤勝彦、茂呂 廾、川村 全、佐藤國彦、葛西一貴、金澤英作)日大口腔科学25巻1号143-153, 1999.

・Relationship between Buccolingual Inclination of Mandibular Molars and Dentofacial Morphology(Akira Kawamura)日大口腔科学22巻3号296-301, 1996.

・A comparative study of dental arch and horizontal section of mandible in Jomon and modern Japanese using CT scanning (Kazutaka Kasai, Akira kawamura, Eisaku Kanazawa) Journal of the Japanese Orthodontic Society Vol.58 No.3 193-198, 1999.

・コンピュータ断層写真による上顎大臼歯の植立状態と上顎骨および顎顔面形態との関連性について(桝本豊彦、浅野和己、川村 全、榎本 豊、金澤英作、金田 隆、葛西一貴) 東京矯歯誌10巻1号3-9, 2000.

・コンピュータ断層写真による上顎中切歯の植立状態と歯槽骨との形態学的関係(斎藤勝彦、伴場祐子、佐藤秀昌、上田祐司、林 育正、川村 全、葛西一貴) 東京矯歯誌10巻2号9-16, 2000.

・Relationships among facial, buccolingual molar inclination and cortical bone thickness of the mandible(Toyohiko Masumoto, Akira Kawamura, Ikumasa Hayashi, Katsuji Tanaka, Kazutaka kasai) European Journal of Orthodontics Vol.23 No.1 15-23, 2001.

・Relationship between buccolingual inclination and wear of mandibular teeth in ancient and modern Japanese(Kazutaka Kasai, Akira Kawamura)Archives of Oral Biology Vol.46 No.3 269-273, 2001.

・スプリントを用いた下顎偏位症例の診断法(川村 全、中島祥博、斉藤勝彦、葛西一貴)日大口腔科学 27巻第3号257-268, 2001.

・「顎の話」機能形態学から歯の植立と顎骨との関係を考える 第1回:顔と下顎骨の変化(縄文時代人と現代人との比較)について(葛西一貴、川村 全)歯界展望99巻5号1097-1103, 2002.

・「顎の話」機能形態学から歯の植立と顎骨との関係を考える 第2回:歯の植立と咀嚼機能とのかかわりについて(葛西一貴、川村 全)歯界展望 99巻6号1376-1382, 2002.

・「顎の話」機能形態学から歯の植立と顎骨との関係を考える 第3回:顎変形症における歯の植立補償機構について(川村 全、葛西一貴)歯界展望 100巻1号199-204, 2002.

・咀嚼機能および下顎側方偏位が臼歯の植立状態に与える影響について―Computer tomogramと接触型三次元計測器による検討―(川村 全、葛西一貴)「人類学と霊長類学の新展開」第55回日本人類学会・第17回日本霊長類学会大会連合大会プロシーディングス227-233, 2002.

・Relationship between Buccolingual Inclination of Mandibular Molars and Dentofacial Morphology (鈴木香葉、西出昌司, 石井保昌, 榎本 豊, 川村 全, 葛西一貴)日大口腔科学28巻 第3号198-205, 2002.

・顎関節周囲に愁訴を伴う矯正治療の一例(川村 全、古波倉敏、白井英俊、葛西一貴)日大口腔科学30巻96-104, 2004.

・Relationship between masticatory function and internal structure of mandible based on computed tomogarphy findings(Hidemadsa Sato, Akira Kawamura, Masaru Yamaguchi, Kazutaka Kasai)American Journal of Orhodontics and Orthopedics Vol.128 No.6 766-773, 2005.

・Relationship between masticatory function, dental arch width, and bucco-lingual inclination of the first molars (Ryosuke Hayashi, Akira Kawamura, Kazutaka Kasai) Orthodontic Waves Vol.65 No.3 120-126, 2006.

・矯正装置が入っている患者への口腔ケア(川村 全、二反田麻希子)DHstyle 3巻3号58-64, 2009.

・Assessment of optimal condylar position with limited cone-beam computed tomography(Kazumi Ikeda, Akira Kawamura)American Journal of Orhodontics and Orthopedics Vol.135 No.4 495-501, 2009.

・Assessment of optimal condylar position in the coronal and axial planes with limited cone-beam computed tomography (Kazumi Ikeda, Akira Kawamura, Ikeda Renie) Journal of Prosthodontics Vol.20 No.6 432-438, 2011.

・Disc displacement and changes in condylar position (Kazumi Ikeda, Akira Kawamura) Dentomaxillofac Radiol Vol.42 No.3, 2013.

・Prevalence of disc displacement of various severities among young preorthodontic population: a magnetic resonance imaging study (Kazumi Ikeda, Akira Kawamura, Ikeda Renie) Journal of Prosthodontics Vol.23 No.5 397-401, 2014.

・上顎右側歯牙腫による犬歯の埋伏転位を伴うAngleⅡ級症例(川村 亜耶, 川村 全) 東京矯正歯科学会雑誌 25巻2号109-114, 2015.

診療時間・地図はこちら お問い合わせはこちら

【月/火/金】10:30-12:30/14:30-18:30 【土/第1,3,5日】9:30-12:30/14:30-17:30